ショップ情報お問い合わせ買物カゴを見る
正規販売店 husqvarna fly michelin eni dirffreak swans isa ap belray

カレンダー

2017年4月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です

HUSQVARNA [ハスクバーナ]

HUSQVARNAとは
 現在は北イタリアに本拠を置くハスクバーナだが、もともとはスウェーデン生まれのブランドだ。1689年にスウェーデン国王によってハスクバーナ河畔に建設された工場は、後に銃器やミシンなどの精密機械を製造する大工場へと発展するが、ハスクバーナ製の初めてのモーターサイクルは1903年に誕生。1909年にはスイス製のVツインエンジンを搭載したスウェーデン軍採用モデルを完成させる。 1919年には初の自社製エンジン開発に成功。その後は、イギリス製のシングルエンジンを搭載したモデルを発売したり、あるいは他メーカーにOEM供給をするなど、高性能かつ信頼性の高いモーターサイクルとしての地位を確かなものにしていくが、軽量で高い運動性能を持つスポーツモーターサイクルとしてのハスクバーナがスタートするのは第二次世界大戦が終結してからだ。  他メーカーがまだ4ストロークを主力とする中、開発の主軸を軽量でハイパワーの2ストロークへと切り替えたハスクバーナのマシンは、圧倒的なオフロード性能でシーンを席巻する。  1953年、旧チェコスロバキアで開催されたシックスデイズエンデューロでは、新しい2ストローク175㏄マシンを駆る9名のライダーが7つのゴールドメダルと2つのブロンズメダルを獲得し世界中のライダーから注目を集める。  1955年には、このトロフィモデルをブラッシュアップ、車重をわずか75㎏に抑えたSilverpil(シルバーピル)を発売した。 「銀と赤」の燃料タンクが特徴のこのモデルは、以後10年の間生産が続けられる大ヒット作となる。最終的には、排気量は175㏄から245㏄まで拡大。出力は15PSに、ギアボックスも3段から4段に変更される。  1959年、このSilverpilは、ロルフ・ティブリンのライディングで、ハスクバーナにとって初のモトクロス世界チャンピオンを獲得する。
ピックアップ

Husqvarna TE250R

2台のチャンピオンマシンがさらに進化。いよいよ「R」へ。

2011年、世界選手権エンデューロのE1、E2、2つのトップクラスでタイトルを、そしてコンストラクタータイトルまでも獲得したハスクバーナ。E1クラスのウイナー、ユハ・サルミネンが駆ったファクトリー仕様TE250がいよいよ市販モデルとして登場します。それが新たに「R」の名を冠したTE250R。また、共通の車体とエンジンをベースにボア・ストロークを拡大、302.44ccとしたTE310Rも同時発売となります。こちらも、アントワン・メオの手によって、2011年の世界選手権エンデューロE2クラスのタイトルを獲得したチャンピオンマシンです。
TE250/310Rとも、エンジンは2012年世界選手権エンデューロを走るファクトリーマシンと同じ新型DOHCシリンダーヘッドを採用。扱いやすさを兼ね備えたトルク、パワー特性とするために、強固なスチール製バルブを綿密にリファイン。燃料供給方式には新たにKEIHIN製フューエルインジェクションを採用、優れたレスポンスと幅広いパワーバンドを実現しました。


従来モデルに比べてパワー、トルクともアップしているにも関わらず、6速ミッションを搭載する水冷4ストロークDOHCエンジンは変わらず軽量コンパクト。単体重量23kgという、このジャンルにおいて最も軽いパワーユニットに仕上がっています。
常用回転域におけるパワー、トルクとも従来型に比べ8%向上。新型シリンダーヘッドと新設計インテークマニホールド、新型フューエルインジェクションによって戦闘力に直結する扱いやすさもさらに向上しています。
進化したエンジンを搭載するシャシーは、ハスクバーナの技術力を注ぎ込んだクロモリ素材フレーム。ステアリングヘッドに新たに25CrMo4素材のプレートを配置し、位置によって角断面とオーバル断面のチューブを使い分けることによって、最適なしなりと強度をもつフレームとなっています。 サスペンションは前後とも、KYB製を採用。フロントにはリバウンド、コンプレッションそれぞれ調整可能な48mmΦの倒立フォークを採用。リアには、高速、低速側、伸側、圧側の減衰力を独立して調整可能なほか、プリロードも調整できる高性能なショックユニットをリンクシステムを介して搭載しています。この組み合わせによって、速度域やライダーのスキル、コースコンディションに合わせた適切なセッティングが得られる仕様となっています。

 また、エンジンのマッピングも柔軟に選べる仕様となっています。出荷時のセッティングは公道用のレギュレーションに沿ったものとなっていますが、オプションのエンジンセットアップツールか、あるいは切り替えスイッチを使用することによって、ジェントルな特性とアグレッシブな特性を簡単に切り替えることが可能です。
細部についても、じつに多くの部分がブラッシュアップされています。新型フューエルインジェクションシステムは、昨年までとは異なりホットスターターを廃止。エンジンのドレンプラグにはマグネティックタイプを採用し、エンジン内の金属片を効率良く回収する仕組みとなりました。ラジエーターはさらに頑丈で、冷却効率の高いものに。メーターには、新たに走行時間を表示する機能を追加。これらの変更に合わせて左側ハンドルスイッチボックスもシンプルかつ頑丈な新デザインパーツとされています。
すべてが新設計となり、戦闘力はもちろん公道を走る際の環境性能までもアップさせたNew TE250R/TE310R。チャンピオンの走りを体感できる1台です。